2018年グァテマラCOE入賞ラ・モンタニタ農園



焙煎度合 おまかせ焙煎:中深煎り(シティーロースト始め)
焙煎ポイントを変更いたしました。
焙煎選択 この豆の持ち味をいかすには、ハイロースト(中煎り)から、フルシティーローストまでが良いでしょう。
おまかせ焙煎は、芳醇な香りと甘い味わいのバランスをより楽しめるポイントにしております
ハイローストで、ジューシな果実フレーバーと酸味を愉しむのも良いでしょう。
  • ローストが選べる250g袋
  • ローストが選べるお得な500g袋
  • ローストが選べる送料無料1kgセット

カップオブエクセレンスは、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに贈られる賞です
国内予選を勝ち抜き、国際審判員により『最高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが称号を授与されます。
雑味がなく、際立つ高品質のスペシャルティーコーヒーだけが持つ特有の風味、
口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとして甘さが引立つフレーバーを兼ね備えてます


ラ・モンタニタ農園は、ハラパ県マタケスクイントラ地区Sansupo村の標高1770m-2000mの高地に位置します。この地区は近年、美味しいコーヒー豆の産地として注目されています。
非常に小さく管理が行き届いた農園で、Gonzalez家が丹精込めてスペシャルティー珈琲を作り続けています。
1984年、初めてこの農園にコーヒーを植えます。
豊かな土壌でありながら、標高が高く気温が低いためにコーヒー生産の苦戦を強いられますが、出来上がったコーヒーは素晴らしく、感動さえするほどの出来栄えになります。
この農園では、Pache San Ramon(パチェサンラモン)に似た栽培品種が植えられていましたが、グァテマラナショナルコーヒー協会(ANACAFE)の調査により、後にPache Colis(パチェコリス)と新種認定され、広く知れ渡ることになります。
コーヒーは環境によって性質を変え、新たな栽培品種として命を繋ぐことになります。

この農園の過酷な生産環境は、決して多くのコーヒーを生産するのに適していませんが、素晴らしいコーヒーの生産には適した土地であり、世界でも類稀な環境で出来たSpecialty Coffeeは、キャラメルやチョコレートといった甘さとオレンジの様な爽やかさが特徴的で、多くの方々を魅了するコーヒーに出来上がっています。

<カッピング>
キャラメル・アプリコット・リンゴ・アーモンド・ブラウンシュガー・バニラ・

キャラメルや熟した果実のような香りと甘み。
オレンジの様な爽やかさ・・
滑らかな口当たりの中に心地よく広がる、芳醇な香りと甘い味わい。
表情豊かな魅力あふれるコーヒーです。


豆情報
品種 イエロー カトゥアイ種
精製方法 ウォッシュ

キャラメルやブラウンシュガーのような甘み
芳醇な香り・甘い味わい 
焙煎
おまかせ焙煎は、シティーロースト始めです。
*おまかせ焙煎の香味
(香り:4  コク:3  酸味:2  苦味:2  甘味:4)

焙煎のめやす
焙煎のめやす
  • 250g¥2,680
    *送料別。
    同じロースト・4袋の場合→¥9570
    注文確認メールで訂正の上、連絡させて頂きます
  • お得な500g袋¥4.980
    *送料別。
    *フレンチ、イタリアンの場合、豆が膨張し体積が増えるため、490g入りとなります。予めご了承ください。
  • 送料無料・1kgセット¥9460
    *500g×2袋、宅急便でお届けします
    *フレンチ、イタリアンの場合、豆が膨張し体積が増えるため、490g×2となります。予めご了承ください。

オーダーメイドで焙煎