パプアニューギニア珈琲
スペシャルティー

数量限定! パプアニューギニア・エランドラ農園。

焙煎度合 おまかせ焙煎:中深煎り(シティーロースト)
焙煎選択 中煎りから中深煎り(フルシティー)までが、良いでしょう。
おまかせ焙煎は、甘み・香り・余韻のバランスを重視しシティローストです
中煎りハイローストでは、柑橘系の綺麗な酸と甘みを楽しめ、
中深煎りフルシティーで、ほろ苦さの中にほのかな甘みを楽しめます
それぞれの焙煎ポイントで、味わいが楽しめる豆です。
  • ローストが選べる250g袋
  • ローストが選べるお得な500g袋
  • ローストが選べる送料無料1kgセット
農園は、パプアニューギニア東ハイランド地方の標高1,500~1,600mに位置し、 高い標高、豊かな雨量・湿度等、高品質なスペシャルティーコーヒー生産に恵まれた環境です。
この豆は、品質を重視し、パプアニューギニアの在来種とも言えるティピカ種100%で作られ、カップ評価84.08点、高品質コーヒーとして認められ、Qグレードの称号を得た豆です

ティピカ種は、コーヒー本来の風味と旨味を供え、優れた風味を有していますが、栽培が難しく収量が少ないため栽培を見送る農家も多く、今では希少な品種となっています。
キャラメルや黒糖・オレンジピールやシロップを思わせる風味と甘み、
滑らかな口当たり。
黒糖を思わせる甘さのある余韻・・
コクもあり、香り・コク・甘み・余韻と、バランスの良いコーヒーです

▼パプアニューギニア珈琲の歴史▼
1940年代、ドイツの使節団がジャマイカ、そしてタンザニアからコーヒーの苗木を持ち込んだのが珈琲栽培の始まりとされています。
起伏に富んだ地形、熱帯という気候条件など、コーヒー生産に非常に恵まれた土地です。
▼Qグレード認証▼
SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)の下部組織CQI(コーヒー品質協会)が、 SCAAのカッピング採点基準に基づき、生豆、カップ評価され、3人の珈琲鑑定士・Qグレーダーの評価全てが80点以上の高評価を獲得したロットに与えられる称号です。
豆情報
品種 ティピカ種
精製方法 ウォッシュド

充分なコクと香り・豊かな甘み・バランスの良いコーヒー
焙煎
おまかせ焙煎は、シティローストです。
*おまかせ焙煎の香味
(香り:4  コク:3  酸味:2  苦味:2  甘味:4

焙煎のめやす
焙煎のめやす
  • 250g¥1,480
    *送料別。
    同じロースト・4袋の場合→¥5230
    注文確認メールで訂正の上、ご連絡させて頂きます
  • お得な500g袋¥2,750
    *送料別。
    *フレンチ、イタリアンの場合、豆が膨張し体積が増えるため、490g入りとなります。予めご了承ください。
  • お得な・1kg¥5.120
    *500g×2袋、宅急便でお届けします
    *フレンチ、イタリアンの場合、豆が膨張し体積が増えるため、490g×2となります。予めご了承ください。

オーダーメイドで焙煎