ペルーコーヒー
スペシャルティー

 数量限定! ペルー・エスペランサ&ロメリージョ農園

焙煎度合 おまかせ焙煎:中深煎り(シティロースト)
焙煎選択 中煎りハイローストから、中深煎りフルシティーローストまでが良いでしょう。
中煎りハイローストで、優しい酸味とフルーティー感を楽しめます。
中深煎りフルシティローストで、フルーティー感の中に、ビターチョコやナッツを思わせる風味を楽しめます。
  • ローストが選べる250g袋
  • ローストが選べるお得な500g袋
  • ローストが選べる1kgセット

近年、南米のトップスペシャルティコーヒーの産地として国際的な評価を集める北部カハマルカ州。
この豆は、カハマルカ州チリノスに位置するエスペランサ農園と、ロメリージョ農園が共同で作り上げた合作マイクロロットです。
ペルーにコーヒーが伝来したのは、1700年代のスペイン植民地時代。
300年近くたった現在でも伝来当時の品種ティピカが輸出栽培品種の70%以上を占めています。
生産農家の約90%は小規模農家で、殆どは協同組合に加入しています。収穫は全て丁寧に手摘みし天日乾燥。品質の高さから近年注目を浴びています
今回の豆は、標高1700~1800の高地で完熟豆を丁寧に手摘み収穫、アフリカンベッドで天日乾燥。
2つの農園が丁寧に丹精込め仕上げた、SCAスコア87点の高評価を得た素晴らしいコーヒーです

<カッピング>ナッツ・メロン・マンゴ・チョコレート・フルーティ
ナッツやメロン・マンゴのような香りと優しい甘み。
チョコレート、クッキーのような風味と味わい。
口あたりは柔らかく、ブラウンシュガーのような甘い余韻が優しく広がります。
後味の心地良さは印象深く、魅力です。
果実感・豊かで深みのある味わい、魅力ある逸品です

■農園情報
エスペランサ農園は、ゲラルド・オカーニャが1960年に始め、現在は息子のフロレンティーノが農園を引き継いでいます。
ロメリージョ農園は、ホアキン・ナルバイサが1930年に始めた農園ですが、晩年農園を不法定住者に占拠され、その後、孫娘のグラシエラが不法定住者たちを排除し、土地を取戻しコーヒー農園を再開させました。

豆情報
品種 ティピカ、ブルボン、カツーラ
精製方法 ウォッシュド

果実やナッツのような香り・優しい甘み・・・豊かで深みのある味わい 
焙煎
おまかせ焙煎は、シティローストです。
*おまかせ焙煎の香味
(香り:4 コク:3 酸味:2 苦味:2 甘味:3

焙煎のめやす
焙煎のめやす
  • 250g¥1,480
    *送料別。
    同じロースト・4袋の場合→¥5510
    注文確認メールで訂正の上、ご連絡させて頂きます
  • お得な500g袋¥2810
    *送料別。
    *フレンチ、イタリアンの場合、豆が膨張し体積が増えるため、490g入りとなります。予めご了承ください。
  • お得な・1kg¥5400
    *500g×2袋、宅急便でお届けします
    *フレンチ、イタリアンの場合、豆が膨張し体積が増えるため、490g×2となります。予めご了承ください。

オーダーメイドで焙煎